マーチンゲール法で負けるパターンを紹介

オンラインカジノでも気軽に利用できる攻略法として用いられるのがマーチンゲール法です。
その方法を知れば、次の瞬間から実行できる簡単さと、負けた分が一気に取り戻せるエキサイティングさから人気があります。

しかし、運用方法を間違えると破産するリスクも秘めた攻略法がマーチンゲール法です。
そこで今回は、マーチンゲール法で破産するパターンを紹介し、安全に運用する方法についても解説します。
この記事を読めばきっと、マーチンゲール法の運用を安全に行えるようになるでしょう。

マーチンゲール法で負けて破産する4パターン

マーチンゲール法で負けて破産するパターンは主に4つあります。
それは、テーブルリミットが低いところでプレイする、損切りをせずにプレイする、資金力が弱い、勝率の低いゲームをしているといったことです。

テーブルリミットとは、ベットする金額の上限を指します。

マーチンゲール法で負けて破産する4パターン

例えば、テーブルリミットが1,000ドルであれば、それ以上ベットすることができません。
オンラインカジノでは、同一のゲームであっても無数のテーブルが選択でき、中にはテーブルリミットが極端に低いものもあります。

そういった低いテーブルでプレイをしてしまうと、ある程度負けが込んできてベット金額を増やそうとした瞬間にリミットがきます。
リミットが来てしまうと、それ以上の金額がベットできなくなり、強制的にマーチンゲール法の運用を止められてしまうのです。
その時点で、累計のベット金額が損失に変わり、破産するくらいのダメージを負う場合があります。

損切りをせずにプレイするのも危険です。

ドラマや映画などでギャンブルによって身をやつしていくシーンがあります。
しかし、このシーンはマーチンゲール法を失敗しているパターンが少なくありません。
「次勝てば、全て取り戻せるんだ」そう呟いてイカサマの博打に借金をしてギャンブルを継続するというパターンです。
いかにもなシーンですが、オンラインカジノをプレイしマーチンゲール法の運用をしていると必ず陥りそうになります。
そういった破滅的な状況になって、万が一という大連敗を喫すると、その瞬間にすべてのベットしたお金が消え、破産しそうな負けるパターンになるのです。
途中で歯止めを利かせないと、3流ドラマや映画のような安っぽいシーンのキャラクターを自身が演じてしまう羽目になります。

資金力が弱いのも破産の原因です。

マーチンゲール法で負けて破産する4パターン

マーチンゲール法は、簡単な攻略法という性格から資金が少ないオンラインカジノ初心者がプレイしたがる攻略法出もあります。
しかし、実際はベット金額がどんどん膨れ上がっていく特徴から、それに耐えられるだけの資金力が必要です。
たった5連敗しただけで、最初にベットした金額の32倍もの金額を支払う必要があるので、実は資金に余裕のあるユーザーの攻略法といえるでしょう。

それを知らずに小遣い程度の資金でプレイをしても、あっという間にベットできなくなって破産する負けパターンに陥ります。
マーチンゲール法は身近な攻略法ではありますが、実は資金に余裕のあるユーザーのための攻略法です。

勝率の低いゲームを選択している可能性もあります。

たとえば、ルーレットが分かりやすいでしょう。
ルーレットは、ヨーロピアンタイプのものであれば、0~36のうち赤だけ、あるいは黒だけというパターンでほとんど勝率50%です。

しかし、00、0~36のアメリカンタイプだと色がついていない0に加えて00が追加されるので、勝ちにくくなります。
メキシカンタイプでは、000まで追加されてしまうため、余計勝てません。
アメリカンタイプやメキシカンタイプではマーチンゲール法で負けた資金が回収できにくくなります。

このような事実を知らずに安易にマーチンゲール法を運用すると大変な目に遭うでしょう。

マーチンゲール法を安全に運用するには

マーチンゲール法を安全に運用するには

ここまでマーチンゲール法の危険性を解説しました。
しかし、マーチンゲール法もうまく付き合えば、損失を回収してくれる魅力的な攻略法に変わることもあります。
そんなマーチンゲール法を安全に運用するには、負けるラインを早めに設定し、損失分を他の攻略法でカバーするということです。

負けるラインは、例えば3連敗したらやめるという方法が挙げられます。
この損切りラインであれば最初1ドルの場合、4ドルまでの投資でやめられ、1+2+4でトータル7ドルの損失で済みます。

この損失7ドルを別の小資金でできる攻略法でカバーするというのも有効で、とくに簡単なのはパーレー法です。
これは、勝ったら勝った金額をすべてベットして資金を増やす攻略法で、少ない資金でもある程度の金額を回収できます。

7ドル程度の損失であれば、十分回収できるレベルなので、挑戦してみましょう。
ただし、マーチンゲール法で5連敗までとしてしまうと、その損失は一気に15ドルになります。

ここまで来るとパーレー法で回収するのもオンラインカジノ初心者の難しいかもしれません。
まずは、少ない損失で引き揚げることでマーチンゲール法を安全に運用しましょう。

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です